QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 40人

2012年01月31日

新入荷品通信~@@@

当地郡山は、連日、日中でもマイナス〇度という気温で震えておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうicon04

おかげさまで、先に入荷のハウレイ初期型ライナーは完売face02次の入荷まで、今しばらくお待ちくださいませ。

本日、兵用オーバーコートレインコートが入荷しましたので、ご紹介しますねicon22

バルジを代表とするヨーロッパ戦線では多用されたオーバーコートとレインコートですが、ここまでそろえるコアな方はなかなかいらっしゃいので残念ですが・・・・・私個人的に大好きな品で、これがまたかっこいいんだけどなface05

オーバーコートは45年製のサイズ40R(現在では入手困難な大き目なサイズです)、状態はほとんど使用感の無い極美品で、タグもきれいに残っていますね。

制式名はオーバーコート・ウール・ロールカラーで1939年から支給になりますが、初期は金色のボタンで(これの方が人気はありますね)、42年にボタンは現品と同じODの樹脂製に変わって、この2色のボタンのコートが混ざって使用され、終戦まで使われます。

WW2型のレインコートの制定は1938年以前で、38年からそれまでのオイルクロスという素材に代わってゴム引き綿製となり、さらに42年にレジン合成された新素材の生地となって支給、43年末ににポンチョが試作支給された以降もレインコートは終戦まで使われ、戦後56年にも、ほぼ形を変えずに生産されます。

WW2物を含めて、なかなか見つからない品の一つですが、今回入荷のレインコートはその56年製で、イタミの多いWW2の実物より、リエナクターの皆様には人気が高い商品です。

サイズはメディアム・レギュラー、既にサイズがWW2時より着丈の表記があり、細かい設定になっていますね。

こちらも、使用品ですが、柔らかく全体にイタミの無い美品、お奨めできます。

価格はオーバーコート¥25.8000
     レインコート  ¥23.000  
 なり・・・・



Posted by PKミリタリア at 17:24│Comments(2)
この記事へのコメント
うーん、相変らず。痒いところに手が届く仕入れ品で… オーバーコートはあまり着ている奴がいないのが良いですね。レインコートは最近、御殿場のハゲの先任下士官が購入・着用していたの見たので。そそられますね…
Posted by バスク大佐 at 2012年01月31日 22:24
バスク大佐 さん>

コメありがとうございます。
おかげさまでレインコートは嫁入りしました~

今の方は皆さん大きいので、オーバーコートも42以上でないと着れない方が多いのですよね。
リプロもUSの業者が一度作りましたが、現在は品切れ、オリジナルの大きいのはなかなか出ないので、入手には苦労するんです・・・・
Posted by PKミリタリアPKミリタリア at 2012年02月03日 15:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。